秋の土用の丑 企画

 

秋の土用丑の日といえば

実際、土用丑の日は、春夏秋冬の四季にわたってあります。しかし現在うなぎを食べる習慣があるのは、主に「夏の土用丑の日」。当時の平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が「”夏の”土用丑の日」だったことから、現在「土用丑の日」といえば、夏の土用丑の日となったと言われています。
また、本来うなぎの旬は冬のため、以前、夏にうなぎはあまり売れなかったそうです。売れない鰻の販促のため、旬ではない「夏」という時期にウナギを食べる風習を根付かせたということが、もっともよく知られています。
「天然うなぎの旬は秋から冬」といわれているので秋にも、うなぎ販促で売場を盛り上げていきましょう。

unagi2

 

Translate »